手入れや掃除で調理家電の寿命を伸ばす

オーブンの寿命を決める手入れ

身近な調理器具

オーブン・レンジはほとんどの家にあり、食材を温めるだけでは無く効率よく熱を通す、または下ごしらえに重宝されています。
そんなオーブン・レンジですが、赤外線や水蒸気使ったものや食材についている無駄な油をカットしてヘルシーに調理するといった、便利な機能がついているものもあります。
大きさも20~32Lまで選択でき単身者、ファミリーとライフスタイルによってグレードを選択出来ます。ちなみに費用はピンキリで1~4万円と機能によっても差があります。
パンやピザ、グラタンと言った高音調理が得意なので、使い方次第では料理のレパートリーが広がります。もはや説明の必要も無いほど、身近な調理器具と言えるのがオーブン・レンジなのです。

汚れがこびりつく前に

便利で身近な調理器具なので、毎日の様に使っているという方も多いと思います。しかし頻度が多いと汚れが付着する事も多くなります。
オーブン・レンジは使った後にすぐに掃除する事を心掛けましょう。使用直後の内部は蒸気が残っているので汚れが落ちやすくなっています。サッと拭くだけで汚れが落ちるので、習慣付けてしまえばとても楽です。
それでも汚れがこびりついてしまった場合は重曹やクエン酸を水で薄めてスプレーすると良いでしょう。重曹な消臭効果もあるので、内部にこもった汚れも落としてくれます。
ドラッグストアやスーパーなどに汚れ落としシートも販売しているので、これらの便利グッズを使ってオーブン・レンジの手入れをするのも賢い方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る